卵不使用のキッシュとは?

まるで卵な見た目のヴィーガンキッシュ。実は豆腐と米粉で出来た豆腐キッシュなんです。卵のような色、艶は、ターメリックと、たっぷりのオリーブオイルで再現しました。

パイ生地やタルト生地等の土台を使用しないので、無駄な手間がない上に、とてもヘルシー。豆腐のフワッとした食感で幸せな気持ちに^^

スキレット(鉄器)を使用する事で、洗い物も少なく作る事が出来ます。(スキレットがない方はフライパンと耐熱皿で対応可能です)

ヴィーガンの方はもちろん、ヴィーガンではない方も、新食感キッシュとして楽しんで頂けたらと思います♪

   

応援宜しくお願いします⬇︎(*´-`)

  



  

  


材料 (3〜4人分) 直径20cmスキレット使用

  • 絹ごし豆腐         400g
  • マッシュルーム       100g
  • しめじ           1パック
  • 米粉            80g
  • 豆乳            50ml
  • 塩こうじ          大さじ2
  • 甜麺醤           小さじ1/2
  • ターメリック        小さじ1/2

   

※甜麺醤がない場合は、白味噌小さじ1で代用して下さい。味は異なりますが、旨味成分が加わります。

   


準備

  • マッシュルーム、しめじは汚れをサッと拭き取る。
  • マッシュルームはスライス切り、しめじは二等分の大きさに切る。マッシュルームを、トッピング用に少し残しておく。
  • 絹ごし豆腐をキッチンペーパーで包み、しっかり水切りする。
  • オーブンを190度(374F)に予熱する。

   


作り方

①スキレットにオリーブオイル大さじ2(分量外)と、しめじ、マッシュルームを入れる。中火で全体的にしんなりするまで炒めたら、塩胡椒を振る。

※フライパンの場合は、きのこ類を炒めた後、耐熱皿に移す。

②絹ごし豆腐、豆乳、塩こうじ、甜麺醤、ターメリック、ミキサーで液状にする。ボウルなどに取り出し、米粉を混ぜる。

③スキレット(もしくは耐熱皿)に流し入れる。

④隙間なく埋めたら、トッピング用のマッシュルームを上に乗せる。

⑤190度(374F)に予熱したオーブンで30分焼く。き

⑥表面がこんがりしたら取り出し、オリーブオイルを回し入れて完成!

   

   

[今回のコツ・ポイント]

  • 豆腐によって水分量が違うので、生地にトロミが足りなかったら米粉の量を増やして下さい。
  • きのこ類は洗ってしまうと食感や風味を損なうので、キッチンペーパーを濡らして汚れを拭き取る程度でOK。出来ればオーガニックをオススメします。
  • きのこ類は炒め過ぎると食感を損なうので、サッと火を通す程度でOK。

   

   


  

おわりに…

vegan豆腐キッシュはいかがでしたか?

まるで卵を使ったキッシュのような見た目と食感。ヴィーガン料理は、味が淡白になりやすい悩みがありますが、たっぷりのマッシュルーム、しめじの旨味と、塩こうじ、甜麺醤を加えた事で、味に奥深さが出ました。

仕上げにオリーブオイルを垂らす事で、美味しそうな照りと、コクがプラスされます。このテクニックはヴィーガン料理あるあるですね^^

   

   

   


最後まで読んで頂きありがとうございます、日々の献立のお役に立てたら幸いです。

  

[その他veganオススメレシピ]⬇︎

https://👉veganレシピ。まるでお肉?簡単な豆腐唐揚げの作り方

    

https://👉veganレシピ。お肉を入れるより美味しい?レッドココナッツカレーの作り方

   

https://👉veganレシピ。揚げ焼きしたお麩で食感を楽しむveganお麩丼(車麩)の作り方

  

  


    

今回のレシピの登録はこちらから⬇︎⬇︎⬇︎(*´-`)


各国料理ランキング


アメリカ合衆国ランキング







コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中